3-8 その他のWeb API

その他のWeb APIには、次のものがあります。

イメージ化されたアイテム画像の取得

イメージ化されたアイテムを画像として取得します。

  • 必要な権限

    • なし(権限による実行の制限はありません)

  • リソースURI

    1. チャートアイテム
    rest/chart/get/image


    2. GEOアイテム
    rest/geo/get/image


  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    備考

    boardpath、mbid

    ボードパス(boardpath)、またはボードID(mbid)

    必須

    POST

    文字列

    mbitem

    アイテムID

    必須

    POST

    文字列

    width

    POST

    数値

    アイテムの幅

    パラメーター「isSpreadSizeAuto」で「true」が指定されている場合は、無効になります。

    height

    高さ

    POST

    数値

    アイテムの高さ

    パラメーター「isSpreadSizeAuto」で「true」が指定されている場合は、無効になります。

    fontfamily

    フォントファミリー

    POST

    文字列

    fontsize

    フォントサイズ

    POST

    数値

    isSpreadSizeAuto

    集計表全体をイメージ化して、画像として取得するか

    POST

    trueまたはfalse

    false

    • 集計表以外のチャートで指定した場合は、無効になります。

    • trueを指定した場合、チャートの凡例は表示されません。

    • 取得できる集計表の画像サイズの最大値は、横4,096ピクセル、縦2,160ピクセルです。集計表のサイズが、画像サイズの最大値を超える場合、集計表の一部が表示されない状態で、画像として取得されます。

  • レスポンス

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

    • 正常時

      PNG形式のアイテム画像。

    • 異常時

      PNG形式のエラー画像。HTTPヘッダーに、X-Server-ErrorとしてJSON形式の共通エラーメッセージが付与されます。

  • 使用例1

    指定したボードに配置されたチャートアイテムを、画像として取得します。

    3. HTMLサンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
        <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/chart/get/image" accept-charset="UTF-8">
            Tenant ID:<input type="text" name="tenant" /><br />
            User ID  :<input type="text" name="id" /><br />
            Boardpath:<input type="text" name="boardpath" /><br />
            Mbid:<input type="text" name="mbid" /><br />
            Mbitem:<input type="text" name="mbitem" /><br />
            Width:<input type="text" name="width" /><br />
            Height:<input type="text" name="height" /><br />
            Fontfamily:<input type="text" name="fontfamily" /><br />
            Fontsize:<input type="text" name="fontsize" /><br />
            <input type="submit" value="submit" /><br />
        </form>


  • 使用例2

    指定したボードに配置されたGEOアイテムを、画像として取得します。

    4. HTMLサンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
        <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/geo/get/image" accept-charset="UTF-8">
            Tenant ID:<input type="text" name="tenant" /><br />
            User ID  :<input type="text" name="id" /><br />
            Boardpath:<input type="text" name="boardpath" /><br />
            Mbid:<input type="text" name="mbid" /><br />
            Mbitem:<input type="text" name="mbitem" /><br />
            Width:<input type="text" name="width" /><br />
            Height:<input type="text" name="height" /><br />
            Fontfamily:<input type="text" name="fontfamily" /><br />
            Fontsize:<input type="text" name="fontsize" /><br />
            <input type="submit" value="submit" />
        </form>


セッションの強制クローズ

指定されたユーザーのセッションを、強制的にクローズします。

パラメーター「killSessionUserId」を指定しなかった場合は、実行者自身のセッションを除く、すべてのセッションがクローズされます。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    rest/killsession
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    killSessionTarget

    クローズ範囲

    必須

    POST

    ALL、PC、MOBILEのいずれか

    killSessionUserId

    クローズ対象のログインID

    POST

    ログインID

  • レスポンス

    正常時は、JSON形式の次のレスポンスが返ります。

    {"killcount":"強制削除したセッション数"}

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

  • 使用例

    指定したユーザーのセッションを強制的にクローズします。

    5. HTMLサンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
        <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/killsession" accept-charset="UTF-8">
            Tenant ID:<input type="text" name="tenant" /><br />
            User ID  :<input type="text" name="id" /><br />
            Password:<input type="password" name="pw" /><br />
            killSessionUserId:<input type="text" name="killSessionUserId" /><br />
            killSessionTarget:<input type="radio" name="killSessionTarget" value ="all">ALL</input>
            <input type="radio" name="killSessionTarget" value ="pc">PC</input>
            <input type="radio" name="killSessionTarget" value ="mobile">Mobile</input><br />
            <input type="submit" value="submit" />
        </form>


ログのダウンロード

MotionBoardで採取されたログをダウンロードします。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    rest/log/download/<ログ種別>/<ダウンロードファイル名>
    • ログ種別には、次の文字列を指定できます。省略時は「common」とみなされます。

      • common(通常ログ)

      • customer(顧客情報ログ)

      • operation(操作ログ)

      • performance(パフォーマンスログ)

      • dataaccess(データアクセスログ)

    • ダウンロードファイル名には、ダウンロードするファイルに付けたい名前を指定します。拡張子の指定も可能です。省略できます。

  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    logType

    ダウンロードするファイルに含める、ログ種別を指定します。指定可能な文字列は、上記「ログ種別」のものと同じです。

    参考

    リソースURIの指定と異なる場合は、リソースURIの指定が優先されます。

    POST

    文字列

    common

    logLevel

    ダウンロードするファイルに含める、ログのレベルを指定します。指定可能な文字列は、次のものです。

    • FATAL

    • ERROR

    • WARN

    • INFO

    • DEBUG

    • TRACE

    参考

    • ログのレベルが高い(下行ほど高い)ものを指定した場合は、上行のものも包括されて出力されます(たとえば「TRACE」指定時は全レベルの情報が出力されます)。

    • 本パラメーターは、採取済みのログのフィルター条件として使用されます。そのため、採取済みのログに含まれないレベルを指定した場合は、無視されます。

    POST

    文字列

    TRACE

    startDate

    ダウンロードするログの範囲(開始日)を指定します。指定可能な形式は、システム設定の[全般]タブの[日付表示]に従います。

    startDateとendDateを省略した場合は、「Web API実行日を含めて7日間」とみなされます。

    POST

    文字列

    endDateの6日前

    endDate

    ダウンロードするログの範囲(終了日)を指定します。日付の指定形式は、システム設定の[全般]タブの[日付表示]に従います。

    startDateとendDateを省略した場合は、「Web API実行日を含めて7日間」とみなされます。

    POST

    文字列

    startDateの6日後

  • レスポンス

    正常時は、指定した条件のログをダウンロードできます。

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

  • 使用例

    指定した条件を満たす操作ログ(ログ種別はoperation)を、「OperationLog.txt」という名前のファイルとしてダウンロードします。

    6. HTMLサンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
        <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/log/download/operation/OperationLog.txt" accept-charset="UTF-8">
            Tenant ID:<input type="text" name="tenant" /><br />
            User ID  :<input type="text" name="id" /><br />
            Password:<input type="password" name="pw" /><br />
            LogType:<input type="text" name="logType" value="common"/><br />
            StartDate:<input type="text" name="startDate" /><br />
            EndDate:<input type="text" name="endDate" /><br />
            LogLevel:<select name="logLevel">
                <option value="FATAL">FATAL</option>
                <option value="ERROR">ERROR</option>
                <option value="WARN">WARN</option>
                <option value="INFO">INFO</option>
                <option value="DEBUG">DEBUG</option>
                <option value="TRACE" selected="selected">TRACE</option>
            </select><br />
            <input type="submit" value="submit" />
        </form>


ボードの履歴を削除

ボードの履歴を削除します。

  • 必要な権限

    • WEBAPIボード編集、またはファイル(作成/アップロード/編集)

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    rest/delete/editHistory
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    dirPath

    ボードの格納先のフォルダーのパスを指定します。 指定したフォルダー配下のすべてのボード(サブフォルダー内も含む)の履歴が削除されます。 先頭には必ず「/」を指定します。 「/」だけを指定した場合は、すべてのボードの履歴が削除されます。

    *1

    POST

    文字列

    boardPath

    ボードパスを指定します。先頭には必ず「/」を指定します。

    *1

    POST

    文字列

    *1 どちらかのパラメーターの指定が必須です。dirPathとboardPathの両方を指定した場合は、dirPathの指定が優先されます。

  • レスポンス

    正常時は、指定したボードの編集履歴を一括で削除できます。

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

  • 使用例

    指定したボードの編集履歴を一括で削除します。

    7. サンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
    <form enctype="multipart/form-data" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/delete/editHistory">
        Tenant ID:<input type="text" name="tenant"/><br />
        User ID  :<input type="text" name="id"/><br />
        Password:<input type="password" name="pw"/><br />
        DirPath:<input type="text" name="dirPath"></input><br />
        BoardPath: <input type="text" name="boardPath"></input><br />
        <input type="submit" value="submit"/>
    </form>
    


ボードの操作状態を削除

ボードの操作状態を削除します。削除の対象は、ユーザーに紐付く操作状態や、ボード単位の操作状態など、パラメーターによって指定できます。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    /delete/operation
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    targetId

    ログインID(ユーザーID@ドメインID)を指定します。

    指定したログインIDに紐付く操作状態が、ボードから削除されます。

    *1

    POST

    文字列

    targetAll

    すべてのユーザーの操作状態を削除するかどうかを、trueまたはfalseで指定します。

    *1

    POST

    文字列

    false

    dirPath

    ボードの格納先フォルダーのパスを指定します。先頭には必ず「/」を指定します。

    指定したフォルダー配下のすべてのボード(サブフォルダー内も含む)が対象になります。「/」だけを指定した場合、マイボードやごみ箱フォルダーを含むすべてのボードが対象になります。

    dirPathとboardPathの両方を指定した場合は、dirPathの指定が優先されます。両方指定を省略した場合は、すべてのボードが操作対象になります。

    POST

    文字列

    boardPath

    ボードパスを指定します。先頭には必ず「/」を指定します。

    POST

    文字列

    *1どちらかのパラメーターの指定が必須です。targetAllをtrue、かつtargetIdを指定した場合は、targetAllが優先されます。

  • レスポンス

    正常時は、ボードの操作状態を削除できます。

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

  • 使用例

    指定したユーザーについて、指定したボードの操作状態を削除します。

    8. サンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
    <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/delete/operation">
        Tenant ID:<input type="text" name="tenant"/><br/>
        User ID  :<input type="text" name="id"/><br/>
        Password:<input type="password" name="pw"/><br />
        targetID:<input type="text" name="targetId"></input><br/>
        targetALL:<input type="radio" name="targetAll" value ="false" checked="True">false</input>
        DirPath:<input type="text" name="dirPath"></input><br/>
        BoardPath: <input type="text" name="boardPath"></input><br/>
        <input type="submit" value="submit"/>
    </form>
    


フォルダーへの権限を設定

グループやドメインに関する情報が含まれるCSVファイルをアップロードして、指定したパスのフォルダーへのアクセス権限を設定します。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    • フォルダー(権限設定)

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • 実行権限

    本Web APIは、「管理者」のシステムロールを持つユーザーが実行できます。

  • リソースURI

    /rest/directory/import/permission
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    uploadFile

    フォルダー権限情報が含まれるCSVファイルのパス

    必須

    POST

    文字列

    command

    フォルダーへのアクセス権限の設定

    • 「add」は、指定したグループにフォルダーの権限を設定します。すでに権限が設定されているグループが指定された場合、無視されます。

    • 「update」は、すでにフォルダーの権限が設定されているグループ情報を更新します。

    • 「add,update」は、「add」と「update」をまとめて実行します。このコマンドは「update」を優先して実行し、対象フォルダーに権限が設定されていないときは「add」を実行します。

    • 「delete」は、指定したフォルダーに設定されたアクセス権限をすべて解除します。

    必須

    POST

    左欄記載のいずれかの文字列

    encoding

    CSVファイルの文字コード

    POST

    文字列

    OSのデフォルトの文字コード

    startpos

    CSVファイルの読み込み開始行数

    POST

    数値

    1

    separator

    CSVファイルの区切り文字

    POST

    文字列

    ,

    enquote

    CSVファイルの文字列の引用符

    POST

    文字列

    "

    domain

    CSVファイルでドメインを指定しなかった場合の、ドメインの指定

    POST

    文字列

    local

    target

    フォルダーの種類

    POST

    カテゴリID

    board

    createDir

    指定したフォルダーが存在しない場合に作成するフォルダー

    POST

    文字列

    false

  • フォルダーの種類とカテゴリID

    カテゴリID

    解説

    board

    ボード

    chart

    チャート

    spreadsheet

    明細表

    image

    イメージ

    text

    テキスト

    link

    リンク

    sharedfolder

    共有フォルダー

    bbs

    コメント掲示板

    bbsimage

    掲示板/コメントイメージ

    bbsfile

    掲示板添付ファイル

    menu

    メニュー

    datasource

    データソース

    csvexcel

    CSV/Excel

    imagemap

    イメージマップ

    geoitem

    GEO(アイテム)

    geolayer

    GEO(レイヤー情報ファイル)

    geopath

    GEO(経路情報ファイル)

    svfreport

    SVFレポート

    excelreport

    Excelレポート

    powerpointreport

    PowerPointレポート

  • レスポンス

    正常時は、フォルダーに権限を一括で設定できます。

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

  • CSVファイルの項目(フォルダー権限情報)

    項目*1

    解説

    備考

    フォルダーのパス

    権限を設定するフォルダーのパスです。

    権限あり(読み書き)

    フォルダーに対して読み書きの権限を付与するグループです。「グループID@ドメイン名」と指定します。複数指定する場合は、カンマ区切りで記述します。

    パラメーター「command」で「delete」を指定した場合は、指定は不要です。

    権限あり(読み)

    フォルダーに対して読みの権限を付与するグループです。「グループID@ドメイン名」と指定します。複数指定する場合は、カンマ区切りで記述します。

    パラメーター「command」で「delete」を指定した場合は、指定は不要です。

    アクセス禁止

    フォルダーへのアクセスを禁止するグループです。「グループID@ドメイン名」と指定します。複数指定する場合は、カンマ区切りで記述します。

    パラメーター「command」で「delete」を指定した場合は、指定は不要です。

    *1 値の指定が不要であっても、項目(列)は省略せずに記述してください(例:"/path","group1@local,group2@local","","")。

    注記

    everyoneグループを指定すると、ドメインをまたいで、すべての権限未設定のグループに対して権限が設定されます。everyoneグループは、「everyone@system」と指定します。

  • 使用例

    指定したパスのフォルダーへの権限を設定します。

    9. サンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
    <form enctype="multipart/form-data" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/directory/import/permission">
        Tenant ID:<input type="text" name="tenant" /><br />
        User ID  :<input type="text" name="id" /><br />
        Password:<input type="password" name="pw" /><br />
        Domain:<input type="text" name="domain" value="local"/><br />
        Startpos:<input type="text" name="startpos" value="1"/><br />
        Encoding:<select name="encoding">
            <option value="UTF-8" selected="selected">UTF-8</option>
            <option value="Shift-JIS">Shift-JIS</option>
            <option value="EUC-JP">EUC-JP</option>
            <option value="GB18030">GB18030</option>
            <option value="GBK">GBK</option>
            <option value="GB2312">GB2312</option>
            <option value="MS936">MS936</option>
        </select><br />
        Separator:<input type="radio" name="separator" value ="&#44;" checked="true">Comma</input>
        <input type="radio" name="separator" value ="&#9;">Tab</input><br />
        createDir : <input type="checkbox" value="fasle" name="isFile"/><br />
        Enquote:<input type="radio" name="enquote" value ="">No Enquote</input>
        <input type="radio" name="enquote" value ="&#39;">Single Quotation</input>
        <input type="radio" name="enquote" value ="&#34;" checked="true">Double Quotation</input><br />
        Command:<input type="radio" name="command" value ="add" >Add</input>
        <input type="radio" name="command" value ="update">Update</input>
        <input type="radio" name="command" value ="delete">Delete</input>
        <input type="radio" name="command" value ="add,update">Add&Update</input><br />
        target : <select name="target">
            <option value="board" selected="selected">ボード</option>
            <option value="chart">チャート</option>
            <option value="spreadsheet">明細表</option>
            <option value="image">イメージ</option>
            <option value="text">テキスト</option>
            <option value="link">リンク</option>
            <option value="sharedfolder">共有フォルダー</option>
            <option value="bbs">コメント掲示板</option>
            <option value="bbsimage">掲示板/コメントイメージ</option>
            <option value="bbsfile">掲示板添付ファイル</option>
            <option value="menu">メニュー</option>
            <option value="datasource">データソース</option>
            <option value="csvexcel">CSV/Excel</option>
            <option value="imagemap">イメージマップ</option>
            <option value="geoitem">GEO(アイテム)</option>
            <option value="geolayer">GEO(レイヤー情報ファイル)</option>
            <option value="geopath">GEO(経路情報ファイル)</option>
            <option value="svfreport">SVFレポート</option>
            <option value="excelreport">Excelレポート</option>
            <option value="powerpointreport">PowerPointレポート</option>
        </select><br />
        UploadFile:<input type="file" name="uploadFile" /><br />
        <input type="submit" value="submit" />
    </form>
    
    


ボードツリーの取得

ボードツリーの情報を、JSON形式で取得できます。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    /board/tree
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    path

    取得するディレクトリツリーの開始パスを指定

    POST

    文字列

    /

    depth

    取得する階層の深さを指定(「-1」は制限なし)

    POST

    文字列

    -1

    writableOnly

    書き込み権限のあるフォルダーの情報のみ取得

    POST

    文字列

    false

    dirOnly

    フォルダーのみ取得

    POST

    文字列

    false

  • レスポンス

    JSON形式でボードツリーの情報を取得できます。また、HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

    10. JSON形式のデータ(レスポンス時)
    {
        "path": "/Sample/jp",
        "directories": [
            {
                "name": "マネジメント",
                "path": "/Sample/jp/マネジメント",
                "files": [
                    {
                        "name": "グローバル情報ボード",
                        "path": "/Sample/jp/マネジメント/グローバル情報ボード"
                    },
                    {
                        "name": "経営者ボード",
                        "path": "/Sample/jp/マネジメント/経営者ボード"
                    }
                ],
                "directories": [
                    {
                        "name": "GlobalSub",
                        "path": "/Sample/jp/マネジメント/GlobalSub",
                        "files": [
                            {
                                "name": "JapanView",
                                "path": "/Sample/jp/マネジメント/GlobalSub/JapanView"
                            },
                            {
                                "name": "WorldView",
                                "path": "/Sample/jp/マネジメント/GlobalSub/WorldView"
                            }
                        ]
                    }
                ]
            }
        ]
    }


    1. JSON形式のデータの内容

    名称

    説明

    デフォルト

    必須

    name

    ボード名

    path

    ボードパス

    directories

    サブディレクトリ

    files

    ボードファイル



  • 使用例

    ボードツリーを取得します。

    11. HTMLサンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
        <form enctype="application/x-www-form-urlencoded" method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/board/tree" accept-charset="UTF-8">
            Tenant ID <input type="text" name="tenant" /><br />
            User ID <input type="text" name="id" /><br />
            Password <input type="password" name="pw" /><br />
            Path <input type="text" name="path" /><br />
            Depth <input type="text" name="depth" /><br />
            WritableOnly <input type="text" name="writableOnly" value="false" /><br />
            DirOnly <input type="text" name="dirOnly" value="false" /><br />
            <input type="submit" value="submit" />
        </form>


指定したボード全体を画像として出力

指定したボード全体を画像として出力します。

このWeb APIを使用するには、RC Serviceのインストール、設定、およびサービスの起動が完了している必要があります。

  • 必要な権限

    • WEBAPI

    参考

    権限名は、システム設定の[ロール]画面内の[設定可能権限]に表示される名称と対応しています。

  • リソースURI

    rest/board/get/image
  • パラメーター

    Web API共通で使用できるパラメーターについては、「Web API共通のパラメーター」を参照してください。

    パラメーター

    解説

    必須

    送信方法

    指定方法

    デフォルト

    boardPath

    描画対象のボードパスを指定

    必須

    POST

    文字列

    pageNo

    描画対象のページ番号を指定

    参考

    • レイアウトモードでのみ有効となります。

    • ボード内のタブを左から数えたときの順番がページ番号です。

    POST

    数値

    1

    expirationSec

    直近${expirationSec}秒以内に作られたキャッシュがある場合、キャッシュの画像を即座に返す

    POST

    数値

    3600

    timeoutSec

    ボードの描画処理が${timeoutSec}秒を超えた時点で描画待ちをやめ、エラーレスポンスを返す

    POST

    数値

    60

  • レスポンス

    HTTPステータスコードが返ります。詳細は、「Web API共通のレスポンス(戻り値)」を参照してください。

    • 正常時

      PNG形式のボードの画像が出力されます。

    • 異常時

      JSON形式のエラーメッセージが返ります。

  • 使用例

    指定したボード全体を画像として出力します。

    12. サンプルコード(action属性のリクエストURLは必要に応じて置き換えてください)
    <form method="post" action="http://example.com:8787/motionboard/rest/board/get/image">
        tenant : <input type="text" name="tenant" /><br>
        lc : <input type="text" name="lc" /><br>
        id : <input type="text" name="id" /><br>
        pw : <input type="text" name="pw" /><br>
        boardPath : <input type="text" name="boardPath" value="/APIUser/WebAPIBoard" /><br>
        pageNo : <input type="text" name="pageNo" /><br>
        expirationSec : <input type="text" name="expirationSec" /><br>
        timeoutSec : <input type="text" name="timeoutSec" /><br>
        <input type="submit"/ value="submit" />
    </form>
    


  • 備考

    実行時のパラメーターに変数と変数値(dv-変数名)を指定しても、実行対象のタスク内では利用できません。