iA電子契約の基本的な利用の流れ

ここでは、iA電子契約の基本的な利用の流れを説明します。

Wsn_illust012_2203.png

1.環境設定(特権ユーザー)

iA電子契約で電子契約の運用を開始する前に、各種の初期設定を行います。初期設定は、一部の設定を除き特権を持つ契約管理者が行います。

  • iA文書管理で、何らかの理由でエラーが発生した場合のエラーメールの送信先(Envelope From)を設定します。設定方法については、『製品ガイド』を参照してください。

  • 必要に応じて、iA文書管理で契約の添付ファイルにPDFファイル以外のファイルが添付された場合の設定を行います。SPC Cloud管理画面の設定カテゴリ[環境設定]-[原本を変換後のPDFファイルに置き換えるときの設定]をオンにしてください。この設定を行っていない場合、拡張子が「.pdf」以外でダウンロードされます。

  • iA電子契約の環境設定を行います。詳細は「環境設定」を参照してください。

2.ユーザー設定

iA電子契約を利用する人をユーザーとして登録します。契約送信時に送られる通知メールなどは、ユーザー情報として登録されたメールアドレス宛てに送られます。

iA電子契約では、ユーザーを登録する場合、次の2種類のユーザー種別を指定します。

  • 「契約管理者」

    ユーザー管理をしたり、契約を作成して契約受信者に契約書を送信したりするユーザーです。契約管理者も、契約の送信設定で役割を設定された場合、契約受信者として同様の操作を行えます。

  • 「契約受信者」

    契約の送信設定で設定された役割に応じて、送られた契約に対して契約の確認や承認などの操作を行うユーザーです。 契約受信者の操作については、iA電子契約にユーザー登録されていない人も行うことができます。ユーザー登録されていない契約受信者を「ゲストユーザー」といいます。

ユーザー登録や、ゲストユーザーを利用するために必要な設定については、「ユーザー管理」を参照してください。

3.契約の作成/送信

契約を作成し、送信先や署名情報を設定した後、契約受信者に契約を送信します。

契約の作成から送信までの基本的な操作の流れについては、「契約作成者の操作の流れ」を参照してください。

4.契約の確認/承認

契約受信者は、通知メールを受け取り、契約の確認や承認を行います。契約受信者の操作は、契約に設定された役割ごとに異なります。契約の確認/承認の操作は、モバイル端末を利用して行うこともできます。

契約受信者の基本的な操作の流れについては、「契約受信者の操作の流れ 」を参照してください。

5.契約締結のプロセス完了

すべての署名者の承認が完了すると、契約が締結されて契約締結のプロセスが完了します。契約書にはタイムスタンプと証明書が付与され、完了証明書を確認できるようになります。署名者が辞退した場合には契約は締結されません。