Data Funnel開発者ガイド

Dr.Sum Data Funnelは、継続的に発生する時系列データをリアルタイムに加工するためのツールです。

『Data Funnel開発者ガイド』では、Dr.Sum Data Funnelの概要、セットアップ方法、設定方法について説明します。

マニュアル構成

本マニュアルの構成と、主な対象読者、記載内容を次に示します。

マニュアル

主な対象読者*1

記載内容

Dr.Sum Data Funnel概要編

  • 開発者

  • 管理者

Dr.Sum Data Funnelの概要について説明します。

Dr.Sum Data Funnelセットアップ編

  • 管理者

Dr.Sum Data Funnelのセットアップ方法について説明します。各アプリケーションのインストール手順、およびインストール後の設定について説明します。

Dr.Sum Data Funnel開発編

  • 開発者

  • 管理者

Dr.Sum Data Funnelのパイプライン定義の作成方法について説明します。また、データの投入方法やバックアップの方法などについても説明します。

Dr.Sum Data Funnel画面リファレンス

  • 開発者

Dr.Sum Data Funnelで使用する各画面のリファレンスです。Dr.Sum Data Funnel ClientやDr.Sum Data Funnel OPC UA Agentなどのアプリケーションの種別ごとに、各画面の項目について説明します。

Dr.Sum Data Funnelコマンドリファレンス

  • 開発者

データの投入操作やパイプライン操作の一部をコマンドで実行するためのリファレンスです。コマンドの格納場所、書式、引数、実行例などについて説明します。

*1詳細は「対象読者」を参照してください。

対象読者

想定する対象読者は次のとおりです。

対象読者

想定

管理者

セットアップ、運用、保守を担当し、利用者の窓口となる人を想定しています。サーバーやネットワークに関する知識を持っていることを前提としています。

利用者

Dr.Sum Datalizerを利用してデータを集計、分析する人、および集計、分析のための定義ファイルを作成する人を想定しています。また、一部の利用者は、データのインポートなどDr.Sum Serverの一部の機能を限定的に利用することも想定しています。WindowsやMicrosoft Office製品の基本的な操作ができることを前提としています。

開発者

利用目的に応じて、Dr.Sumのデータベースの設計やバッチ処理の設定から集計、分析のための定義ファイルの作成までを包括して行う人を想定しています。データベース、BI、プログラミングに関する知識を持っていることを前提としています。また、大量のデータをリアルタイムで収集、加工、分析したい人を想定します。ストリーミング処理、IoTネットワークで使用される技術、チャットやSNSなどのコミュニケーションツールに関する知識を持っていることを前提としています。