3-1 集計結果の詳細設定について(結果表調整)

任意の行/列項目データや集計データに対して、名称の指定やデータ書式の適用、計算式の適用、リンクの設定といったさらに詳細な設定を行うことができます。特定の値の場合のみ設定を適用する「ターゲット」という機能の指定も可能です。

たとえば、行項目「地域」の値が「関東」で、列項目「年」の値が「2007」の場合のみ、集計項目の「売上額」項目の値を青色にする、といった設定が可能になります。

総合計欄と合計欄に対しては、表示タイトル、計算式による加工、データの置換といった詳細な設定が可能です。

この機能を「結果表調整」と呼びます。複数の結果表調整を登録でき、登録後に適用するか、しないかを指定できます。

「結果表調整」によって加工された集計データは、装飾として書き換えられており、データリンク等のデータの書き換えを行ってもソートや合計値に影響を与えません。