2022年05月度 マイクロソフト社セキュリティ修正プログラム検証状況

製品ブランド:

SVF

invoiceAgent(オンプレ版)/SPA

Dr.Sum

MotionBoard

公開日時:

2022/05/18 13:50

更新日時:

2022/05/18 13:50

記事番号:

000022762

2022年05月 (05/11 公開)

 

月例のMSセキュリティパッチの公開に基づき検証を行いましたので結果をお知らせします。
公開されたセキュリティ更新プログラムは次の通りです。
BI製品およびSVF製品についてマンスリーロールアップを適用して確認をしております。

リリースノート

2022年5月のセキュリティ更新プログラム (マイクロソフト セキュリティ レスポンス センター)

以下リリースノートより抜粋:
今回のリリースは、次の製品、機能、およびロールのセキュリティ更新プログラムで構成されています。


.NET と Visual Studio
Microsoft Exchange Server
Microsoft Graphics コンポーネント
Microsoft Local Security Authority Server (lsasrv)
Microsoft Office
Microsoft Office Excel
Microsoft Office SharePoint
Microsoft Windows ALPC
リモート デスクトップ クライアント
ロール: Windows Fax サービス
ロール: Windows Hyper-V
セルフホステッド Integration Runtime
タブレット用の Windows ユーザー インターフェイス
Visual Studio
Visual Studio Code
Windows Active Directory
Windows アドレス帳
Windows 認証方法
Windows BitLocker
Windows クラスター共有ボリューム (CSV)
Windows Failover Cluster Automation Server
Windows Kerberos
Windows カーネル
Windows LDAP - ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル
Windows Media
Windows ネットワーク ファイル システム
Windows NTFS
Windows Point-to-Point Tunneling プロトコル
Windows 印刷スプーラー コンポーネント
Windows プッシュ通知
Windows Remote Access Connection Manager
Windows リモート デスクトップ
Windows リモート プロシージャ コール ランタイム
Windows Server Service
Windows Storage Spaces Controller
Windows WLAN Auto Config Service


セキュリティ更新プログラム
Article(記事)
4484347, 4493152, 5002184, 5002187, 5002194, 5002195, 5002196, 5002199, 5002203, 5002204
5002205, 5002207, 5013624, 5013625, 5013627, 5013628, 5013630, 5013837, 5013838, 5013839
5013840, 5013868, 5013870, 5013871, 5013872, 5013873, 5013941, 5013942, 5013943, 5013944
5013945, 5013952, 5013963, 5013999, 5014001, 5014006, 5014010, 5014011, 5014012, 5014017
5014018, 5014025, 5014260, 5014261, 5014326, 5014329

各製品の詳細な更新内容は以下のサイトにて確認可能です。
 セキュリティ更新プログラム ガイド (マイクロソフト セキュリティ レスポンス センター)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

上記セキュリティ更新プログラムを適用し、以下の製品に関して検証を行い問題がない事を確認いたしました。

 

<検証環境>

対象OS


Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server 2022
Windows 8.1
Windows 10
Windows 11

検証ソフト

 

ReportDirectorEnterprise Ver9.2、Ver10.1
SVF for JavaPrint Ver9.2、Ver10.1
SVF for PDF(SVF for Web/PDF JavaEdition) Ver9.2、Ver10.1
SVF for Web/Client Ver9.2、Ver10.1
UniversalConnect/X  Ver9.2、Ver10.1
Print Assistant Server  Ver9.2、Ver10.1
PAlite Ver9.2、Ver10.1
SVF Web Direct Print   Ver9.2、Ver10.1
SPA(旧:SVF PDF Archiver)      Ver9.3、Ver10.7
Dr.Sum (Dr.Sum / DataLoader / Datalizer) Ver5.6
Dr.Sum EA                            Ver4.2
Dr.Sum EA Datalizer Ver4.2(下記補足事項※2のパッチ適用済)  
MotionBoard  Ver.6.2、Ver6.3

  

※1:各製品の動作環境に準じて確認を実施しております。

※2:2016年 5月度セキュリティ更新プログラムMS16-051を適用すると発生する障害については、以下を参照ください。
  https://cs.wingarc.com/ja/news/000008690

※3: Windows 10 Creators Update(1703)を適用したときの問題については、『MotionBoard 5.0~5.6、MotionChart 4.1~4.2: Windows 10 Creators Updateを適用すると、Microsoft Edgeで画面が表示されないことがある現象について』を参照してください。 
  https://cs.wingarc.com/ja/news/000007219

※4: Windows 10 バージョン2004を適用した時の問題については、『SPA:Windows 10 バージョン2004以降、Internet Explorer11にて印刷機能が利用できなくなる問題』を参照してください。

  https://cs.wingarc.com/ja/news/000020500

※5: 2021年3月に公開されたセキュリティプログラム(KB5000802, KB5000808, KB5000848等)の適用による印刷障害については、以下を参照ください。
  https://cs.wingarc.com/ja/news/000021310?brand=svf

※2018年7月に公開された、次のマイクロソフト社のセキュリティ更新プログラムが適用されている場合、Dr.Sum Datalizer、Dr.Sum EA Datalizerのサービスが正しく動作しない場合があることを確認しました。
* 4338824
* 4338820
* 4338823
原因や対応方法などの詳細については、マイクロソフト社より情報が公開されておりますのでご参照ください。

https://blogs.technet.microsoft.com/jpntsblog/2018/07/19/stoperror_after_julyupdate/

 

=====================================================================
2020年9月以降の「月例MSセキュリティパッチ検証結果」の検証対象の製品とバージョンの基準は以下のページをご参照ください。

 - サポートサイト「月例MSセキュリティパッチ検証結果」の対象製品とバージョンについて 
=====================================================================