Dr.Sum(旧:Dr.Sum EA)/MotionBoard製品の組み合わせ対応バージョンについて(Windows版)

製品ブランド:

Dr.Sum

MotionBoard

公開日時:

2016/01/07 10:00

更新日時:

2021/09/22 09:00

記事番号:

000007154

Dr.Sum (旧:Dr.Sum EA)/MotionBoard製品の組み合わせ対応バージョンは次のとおりです。
※記載内容は随時更新される場合があります。あらかじめご了承ください。

Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続対応表

Datalizer / MotionBoard / Visualizer / Connect / DataLoader / TextOLAP / Reporting Server / Synchronizer

Datalizer → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1 4.0 3.0SP3 3.0SP2 3.0SP1 3.0 2.5SP2 2.5SP1
2.5
2.4
Datalizer 5.6 × × × × × × × × ×
5.5 × × × × × × × × ×
5.1 × × × × × × × × ×
5.0 ※8 ※8 ※8 × × × × × × × × ×
4.2 ※8 ※8 ※8 ※1 × × × × × ×
4.1 × × × × × × × × × ×
4.0SP1 × × × × ※2 ※2 × × ×
4.0 × × × × × × ※2 ※2 × × ×
3.0SP2 × × × × ※7 ※3 ※3 ※3 ×
3.0SP1 × × × × × × × × ※4 ※4 ×
3.0 × × × × × × × × × ※5 ×
2.5SP2 × × × × × × × × × × × × ※6 ×
2.5SP1
2.5
× × × × × × × × × × × ×
※1 Datalizer 4.2にパッチ「0008」以降を適用する必要があります。
※2 Datalizer 4.0、4.0SP1で「TYPE3定義」を使用する場合は、接続タイプに「Dr.Sum EA Ver3.0SP1」を設定してください。
※3 Datalizer 3.0SP2 にパッチ「0048」以降を適用する必要があります。
※4 Datalizer 3.0SP1 にパッチ「0018」以降を適用する必要があります。
※5 Dr.Sum EA 2.5SP2 にパッチ「20081117001」以降を適用する必要があります。
※6 Dr.Sum EA 2.5SP2 にパッチ「20070704001」以降を適用する必要があります。
※7 Datalizer 3.0SP2 にパッチ「0093」以降を適用する必要があります。
※8 集計項目に設定できる項目の上限は「128」のままです。

MotionBoard → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続※5

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1
4.0
3.0SP3 3.0SP2
3.0SP1
MotionBoard 6.2 ※8 ※8 ※8 × × × ×
6.1 ※8 ※8 ※8 × × × ×
6.0 ※6 ※6 ※6 × × × ×
5.7 ※1※7 ※1※7 ※1※7 ※1 ×
5.6
5.5
※7 ※7 ※7 ※2 ※3 ×
5.0 ※7 ※7 ※7 ※2 ※4 ×
4.1 × × × × × ×
4.0 × × × × × × ×
3.0SP1a
3.0a
× × × × × × ×
※1 MotionBoard 5.7.00.0010以降のバージョンで対応しています。5.7.00.0010を適用していない場合の制限事項はFAQをご参照ください。
※2 利用可能ですが、一部制限事項があります。制限事項の内容はFAQをご参照ください。
※3 MotionBoard 5.5.00.0005以降のバージョンで対応しています。5.5.00.0005を適用していない場合、接続先のDr.Sum EAバージョンが正しく表示されません。
※4 利用可能ですが、接続先のDr.Sum EAバージョンが正しく表示されません。
※5 Dr.Sum EA Oneへの接続には対応していません。
※6 データソースの種類がDrSumでのカスタムビューを使用するためには、MotionBoard 6.0.00.0006以降のパッチを適用する必要があります。
※7 Dr.Sum へのカスタムビューは使用できません。
※8 TextOLAPは使用できません。

Visualizer → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1
4.0SP1
4.0
3.0SP3 3.0SP2
3.0SP1
3.0 2.5SP2 2.5SP1 2.5 2.4 2.3
2.2a
Visualizer 3.0SP1 × × × × ※2※3 ※1※3 ※3 × × × ×
3.0a
3.0
× × × × × × ※4 ※4 × × × ×
2.5SP1
2.5
× × × × × × × × × ×
2.0SP3 × × × × × × × × × × ×
2.0SP2
2.0SP1
2.0
× × × × × × × × × × × ×
※1 Visualizer 3.0SP1にパッチ「027」以降を適用する必要があります。
※2 Visualizer 3.0SP1にパッチ「053」以降を適用する必要があります。
※3 Visualizer のインストール時は Dr.Sum EA の接続バージョンを「30SP2」に設定し、インストール後にdrsum_params.xmlの<VERSION>を次のように変更します。
  Dr.Sum EA 4.2の場合:「42」
  Dr.Sum EA 4.1の場合:「41」
  Dr.Sum EA 4.0SP1の場合:「40SP1」
  Dr.Sum EA 4.0の場合:「40」
  Dr.Sum EA 3.0SP3の場合:「30SP3」
※4 Visualizer のインストール時は、Dr.Sum EA の接続バージョンを「30」に設定し、インストール後にdrsum_params.xmlの<VERSION>を次のように変更します。
  Dr.Sum EA 3.0SP2の場合:「30SP2」
  Dr.Sum EA 3.0SP1の場合:「30SP1」


Connect → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続※5

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1
4.0SP1
4.0
3.0SP3
3.0SP2
3.0SP1 3.0 2.5SP2 2.5SP1 2.5 2.4
Connect 5.6 × × × × × × ×
5.1 × ※6 × × × × × × ×
5.0 × × × × × × × × × ×
4.1 × × × ※1 ※4 × × × × × ×
4.0 × × × × × × × × × × ×
3.0SP1b
3.0SP1a
3.0SP1
× × × × × ※2 × ×
3.0 × × × × × × ※3
2.5SP2 × × × × × × × × ×
2.5SP1 × × × × × × × × × ×
2.5 × × × × × × × × × × ×
※1 Connect 4.1にパッチ「0008」以降を適用する必要があります。
※2 Connect 3.0SP1にパッチ「006」以降を適用する必要があります。
※3 Connect 3.0にパッチ「006」以降を適用する必要があります。
※4 Connect 4.1にパッチ「0006」以降を適用する必要があります。
※5 Dr.Sum EA Oneへの接続には対応していません。
※6 Connect 5.1にパッチ「0060」以降を適用する必要があります。 

DataLoader → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続※1

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1 4.0 3.0SP3 3.0SP2
DataLoader 5.6 × × × × × × × × ×
5.5 × × × × × × × × ×
5.1 × × × × × × × × ×
5.0 × × × × × × × × ×
4.2 × × × × × × × × ×
4.1 × × × × × × × × ×
4.0SP1 × × × × × × × × ×
4.0 × × × × × × × × ×
3.0SP3 × × × × × × × × ×
3.0SP2 × × × × × × × × ×
※1 Dr.Sum EA Oneへの接続には対応していません。


TextOLAP →Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続※3

  Dr.Sum/Dr.Sum EA
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1
TextOLAP 5.1 × × × × × ×
5.0 × × × × × ×
4.2 × × × × × ×
4.1 × × × × × ×
4.0SP1 × × × × × × ※1
4.0 × × × × × × ※2
※1 Dr.Sum EA 4.0SP1にパッチ「0007」以降を適用する必要があります。
※2 Dr.Sum EA 4.0SP1にパッチ「0002」以降を適用する必要があります。
※3 Dr.Sum EA Oneへの接続には対応していません。

Reporting Server → Dr.Sum EA 接続

  Dr.Sum EA
2.5SP2 2.5SP1
2.5
2.5 2.4
2.3
2.2a
Reporting Server 2.5SP1
2.5
× ×
1.2 ×
1.1 × × × ×

Synchronizer → Dr.Sum EA 接続

  Dr.Sum EA
2.5SP2
2.5SP1
2.5
2.4 2.3 2.2a
Synchronizer 2.5 × × ×
1.3 × × ×
1.2 × × ×
1.1 × × ×

オプション製品別の連携対応表

Datalizer / MotionBoard / Visualizer / Connect

Datalizer 連携機能

 

Datalizer → MotionBoardリンク

  MotionBoard
6.2 6.1 6.0 5.7
5.6
5.5
5.0
4.1 4.0
3.0SP1a
3.0a
Datalizer 5.6※4 ※5 ※8 ×※8 × ×
5.5※4 ※5 ※8 ×※8 × ×
5.1※4 ※7 ※7 ※6 × ×
5.0※4 ※7 ※7 ※6 × ×
4.2※4 ※7 ※7 ※6 ×
4.1※4 × × × ×
4.0SP1※4 × × × ※1 ※1 ※1
4.0 × × × ※2 ※2 ※2
3.0SP2 × × × ※3 ※3 ※3
※1 Datalizer 4.0SP1にMotionBoard連携オプション「4.0.01.0045」を適用する必要があります。
※2 Datalizer 4.0にMotionBoard連携オプション「4.0.00.0011」を適用する必要があります。
※3 Datalizer 3.0SP2にMotionBoard連携モジュール「3020003」を適用する必要があります。
※4 Datalizer for Tabletでは、MotionBoardリンク機能は使用できません。
※5 HTMLのガイドを表示するためには、MotionBoard 6.0.00.0040以降のパッチを適用する必要があります。
※6 HTMLのガイドを表示するためには、MotionBoard 6.0.00.0040以降のパッチと、Datalizerの以下のパッチを適用する必要があります。また、DatalizerからMotionBoardリンクを利用するときにHTML版のガイドを利用する設定についての手順が必要です。
 ・Ver. 5.1 の場合: Datalizer 5.1.00.0060 以降
 ・Ver. 5.0 の場合: Datalizer 5.0.00.0100 以降
 ・Ver. 4.2 の場合: Datalizer 4.2.00.0016 以降
※7 HTMLのガイドを表示するためには、Datalizerの以下のパッチを適用する必要があります。また、DatalizerからMotionBoardリンクを利用するときにHTML版のガイドを利用する設定についての手順が必要です。
 ・Ver. 5.1 の場合: Datalizer 5.1.00.0060 以降
 ・Ver. 5.0 の場合: Datalizer 5.0.00.0100 以降
 ・Ver. 4.2 の場合: Datalizer 4.2.00.0016 以降
※8 Flashのガイドは表示できません。

Datalizer → MotionBoardのMotionBoard認証機能、MotionBoardをデータソースにした集計、テーブルエディタ、データ入力、イメージチャート連携

  MotionBoard
6.2 6.1
Datalizer 5.6
5.5 ※1
※1 Datalizer 5.5.00.0032以降のパッチを適用する必要があります。

 

Datalizer → MotionChartチャート表示

  MotionChart
5.1 5.0 4.2 4.1 4.0 3.0SP2a 3.0SP2 3.0SP1
Datalizer 5.6 × × × × × × × ×
5.5 × × × × × × × ×
5.1 ※4 × × × × × × ×
5.0※3 × ※4 × × × × × ×
4.2 × × ※4 × × × × ×
4.1※3 × × × ※4 × × × ×
4.0SP1※3 × × × × ※4 × × ×
4.0 × × × × × × ×
3.0SP2 × × × × × ※1 ×
3.0SP1 × × × × × ※2 ※2
※1 Datalizer 3.0SP2がインストールされた環境にMotionChart 3.0SP2をインストールすることはできません。
MotionChart 3.0SP2aをご利用ください。
※2 Datalizer 3.0SP1にパッチ「0020」以降を適用する必要があります。
※3 Datalizer for Tabletでは、MotionChartのチャートは表示できません。
※4 Datalizer の[TextOLAP連携項目設定]画面で[サブカテゴリグループでドリルダウン]を「利用する」に設定しても、MotionChartでは動作しません。

 

Datalizer → Visualizerリンク・チャート表示

  Visualizer
3.0SP1 3.0a
3.0
2.5SP1
Datalizer 5.6 × × ×
5.5 × × ×
5.1 × × ×
5.0 × × ×
4.2※3 ※4 × ×
4.1※3 ※1 × ×
4.0SP1※3 ※1※2
4.0
3.0SP2
3.0SP1
3.0
2.5SP2
2.5SP1
2.5
× ×
※1 Visualizer 3.0SP1にパッチ「040」を適用する必要があります。
※2 Visualizerチャート表示の場合はDatalizer 4.0SP1にパッチ「0151」を適用する必要があります。
※3 Datalizer for Tabletでは、Visualizerのチャートは表示できません。
※4 Visualizer 3.0SP1にパッチ「053」を適用する必要があります。

 

Datalizer → Datalizer Monitoring Services

  Datalizer Monitoring Services
4.0SP1 4.0
Datalizer 4.0SP1※2 ×
4.0 ×
※1 Visualizer 3.0SP1にパッチ「040」を適用する必要があります。
※2 Datalizer for Tabletでは、Datalizer Monitoring Servicesの機能は使用できません。

 

Datalizer → TextOLAP

  TextOLAP
5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1 4.0
Datalizer 5.6 × × × × × ×
5.5 × × × × × ×
5.1 × × ×
5.0 × × ×
4.2※2 × × ×
4.1※2 × × × ×
4.0SP1※2 × × × × ※3 ※1
※1 Datalizer 4.0SP1にパッチ「0164」以降、TextOLAP連携オプション「4.0.01.0004」以降を適用する必要があります。
※2 Datalizer for Tabletでは、TextOLAPリンク機能は使用できません。
※3 Datalizer 4.0SP1にパッチ「0344」以降、TextOLAP連携オプション「4.0.01.0004」以降を適用する必要があります。

 

Datalizer → SVF

  SVF実行部※2※4 SVF Cloud
10.0 9.2 9.1 8.2
Datalizer※3 5.6
5.5
5.1~5.0 ×
4.2※1 ×
4.1※1 × ×
※1 SVF製品との連携は、別途Datalizer SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
※2 レポート出力に使用するXML様式ファイルは、SVF実行部が対応しているバージョンのSVFX-DesignerまたはSVF Web Designerで作成したXML様式ファイルを使用してください。
※3 対象となるDatalizer製品は次のとおりです。
・ Datalizer Expert
・ Datalizer Professional for Web
※4 対象となるSVF製品は次のとおりです。
・ SVF for JavaPrint
・ SVF for PDF
・ SVF for Excel


MotionBoard 連携機能

MotionBoard → Datalizerリンクボード・リンクアイテム

  Datalizer
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1 4.0 3.0SP2
MotionBoard 6.2 × × × ×
6.1 × × × ×
6.0 × × × ×
5.7 ※1 ※2※3 ※4
5.6※5
5.5※5
※1 ※2※3 ※4
5.0 × ※1 ※2※3 ※4
4.1
4.0※5
× × × × × × ※1 ※2※3 ※4
3.0SP1a
3.0a
× × × × × × ※1 ※2 ※4
※1 Datalizer 4.0SP1にMotionBoard連携オプション「4.0.01.0045」を適用する必要があります。
※2 Datalizer 4.0にMotionBoard連携オプション「4.0.00.0011」を適用する必要があります。
※3 Datalizerのリンクボード設定は「メニュー表示なし」のみ対応しています。
※4 Datalizer 3.0SP2にMotionBoard連携モジュール「3020003」を適用する必要があります。
※5 Windows版のみDatalizerとの連携に対応しています。

 

MotionBoard → Datalizerデータソース連携

  Datalizer
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2
MotionBoard 6.2
6.1
6.0
5.7
5.6

 

MotionBoard → TextOLAP

  TextOLAP
5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1
MotionBoard 6.2 × × × × ×
6.1 × × × × ×
6.0 × ×
5.7
5.6
5.5
5.0

 

MotionBoard → SVF※1

  SVF実行部※2 Universal Connect/X SVF Cloud
10 9.2 10 9.2
MotionBoard 6.2※8 ※3 ※3
6.1※8 ※3 ※3
6.0※7 × ※3 ×
5.7※4 × ※3 ×
5.6※5 × ※3 ×
5.5※6 × ※3 × ×
※1 SVF製品との連携には、別途SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
※2 レポート出力にXML様式ファイルを使用する場合は、SVF実行部が対応しているバージョンのSVFX-DesignerまたはSVF Web Designerで作成したXML様式ファイルを使用してください。
※3 対象となるSVF製品は次のとおりです。
・ SVF for JavaPrint
・ SVF for PDF
・ SVF for Excel
※4 帳票出力オプションで使用している、MotionBoard内蔵のSVF実行部のバージョンは9.2SP4です。
※5 帳票出力オプションで使用している、MotionBoard内蔵のSVF実行部のバージョンは9.2SP3です。
※6 帳票出力オプションで使用している、MotionBoard内蔵のSVF実行部のバージョンは9.2SP2です。
※7 帳票出力オプションで使用している、MotionBoard内蔵のSVF実行部のバージョンは9.2SP8です。
※8 帳票出力オプションで使用している、MotionBoard内蔵のSVF実行部のバージョンは10です。

 

MotionBoard → SPA(データソース)

  SPA
10※1 9.3※2
MotionBoard 6.2
6.1
6.0 ×
5.7※3 ×
※1 SPA Ver.10.0以降となります。
※2 SPA Ver.9.3 SP5以降となります。
※3 5.7.00.0030以降のバージョンで使用可能です。


Visualizer 連携機能

Visualizer → Datalizer定義リンク・自動ログイン

  Datalizer
5.6 5.5 5.0 4.2※5 4.1
4.0SP1※5
4.0 3.0SP2 3.0SP1
3.0
2.5SP2 2.5SP1
Visualizer 3.0SP1 × × × ※6※3 ※1※3 ※2※3 ※3 ×
3.0 × × × × × × ×
2.5SP1 × × × × × ×
2.5 × × × × × × × × ※4 ※4
※1 Visualizer 3.0SP1にパッチ「040」以降を適用する必要があります。
また、Datalizer 4.0SP1をご使用の場合は、Datalizer 4.0SP1にパッチ「0151」以降を適用する必要があります。
※2 Visualizer 3.0SP1にパッチ「029」以降を適用する必要があります。Datalizer 4.0の定義ファイルは「TYPE3定義」のみ対応しています。
※3 Datalizer 3.0SP2 パッチ「059」以降のバージョンとVisualizer 3.0SP1と組み合わせて使用する場合、Visualizerのdrsum_params.xmlに以下のパラメーターを追記する必要があります。
<DATALIZER_VERSION>30SP2</DATALIZER_VERSION>
※4 Visualizer 2.5はDatalizer定義リンクのみ対応しています。
※5 Datalizer 連携機能を使用時、Datalizer の集計定義に、TextOLAP連携項目に対する抽出条件が存在する場合、その抽出条件の動作はサポート対象外となります。
※6 Visualizer 3.0SP1にパッチ「053」以降を適用する必要があります。

Connect 連携機能

Connect → Datalizer連携

  Datalizer※4
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1 4.0SP1※5 4.0 3.0SP2 3.0SP1
3.0
2.5SP2
2.5SP1
Connect 5.6 × ×
5.1 × ※10 × ×
5.0 × × × × ×
4.1 × × × ※9 ※8 ※7 ※2 ×
4.0 × × × × × ※2 ×
3.0SP1b
3.0SP1
× × × × × ※6 ※1 ※3
3.0
2.5SP2
× × × × × × × ×
※1 Datalizer 4.0SP1の「TYPE3定義」を使用するにはConnect 3.0SP1にパッチ「007」以降を、「TYPE4定義」を使用するにはConnect 3.0SP1にパッチ「011」以降を適用する必要があります。
※2 Datalizer 4.0の「TYPE4定義」を使用するにはDatalizer 4.0にパッチ「0519」以降を適用する必要があります。
※3 Datalizer 4.0の「TYPE3定義」を使用するにはConnect 3.0SP1にパッチ「007」以降を、「TYPE4定義」を使用するにはConnect 3.0SP1にパッチ「011」以降とDatalizer 4.0にパッチ「0519」以降を適用する必要があります。
※4 Connectと連携可能なDatalizer製品はDatalizer for Web、Professional for Web、Expertです。
Datalizer for Excelのみ利用している場合は、連携できません。ただし、Datalizer Expert 4.0を利用している場合、またはDatalizer (Professional) for Web 4.0とfor Excel 4.0を同一サーバーにインストールして利用している場合はExcel Pluginで作成したTYPE4定義も使用できます。なお、この場合、Webモード実行で集計された結果がダウンロードされます。
※5 TextOLAP連携項目に対する抽出条件が Datalizer の集計定義に存在する場合、その集計定義を Connect
の Datalizer 連携機能にて読み込むには、Datalizer 4.0SP1にパッチ「0352」以降を適用する必要があります。
※6 Connect 3.0SP1にパッチ「011」以降を適用する必要があります。
※7 [Datalizer 実行]アイコンの[定義ファイル名]にスクリプト変数を指定した場合、[ダウンロードファイルタイプ]で「SVF」を選択できません。
※8 Connect 4.1にパッチ「0006」以降を適用する必要があります。
※9 Connect 4.1にパッチ「0008」以降を適用する必要があります。
※10 Connect 5.1にパッチ「0060」以降を適用する必要があります。

 

Connect → DataLoader連携

  DataLoader
5.6 5.5 5.1 5.0 4.2 4.1
4.0SP1
4.0
3.0SP3
3.0SP2
Connect 5.6 ×
5.1 × ※4 ×
5.0 × × × ×
4.1 × × × ※3 ※2
4.0 × × × × ×
3.0SP1b
3.0SP1a
3.0SP1
× × × × × ※1
※1 Connect 3.0SP1にパッチ「006」以降を適用する必要があります。
※2 Connect 4.1にパッチ「0006」以降を適用する必要があります。
※3 Connect 4.1にパッチ「0008」以降を適用する必要があります。
※4 Connect 5.1にパッチ「0060」以降を適用する必要があります。

 

変更履歴
2021/09/22 ・Dr.Sum 5.6 の対応状況を追加しました。
2021/06/22 ・MotionBoard 6.2の対応状況を追加しました。
2020/12/25

・「Connect → Dr.Sum/Dr.Sum EA接続」

  Connect Ver. 5.1および Ver. 5.0 に、Dr.Sum EA Server Ver. 4.1 / 4.0_SP1 / 4.0 を追加しました。

・「Connect → Datalizer連携」

  Connect Ver. 5.1および Ver. 5.0 に、Dr.Sum EA Datalizer Ver. 4.1 / 40_SP1 / 4.0 を追加しました。

・「Connect ⇒ DataLoader連携」

  Connect Ver. 5.1および Ver. 5.0 に、Dr.Sum EA Dataloader Ver. 4.1 / 40_SP1 / 4.0 を追加しました。

2020/11/12

・「Datalizer→MotionBoardリンク」

  Datalizer 4.2、5.0、5.1、5.5 および、Motionboard6.0,6.1について、ガイドをFlashではなくHTMLで表示させるための注釈を追加しました。

  Datalizer 5.5から、MotionBoard 5.0、5.5、5.6、5.7への対応を変更しました。

2020/08/14 ・「MotionBoard → Dr.Sum/Dr.Sum EA 接続」
  Motionboard 5.7 ⇒ Dr.Sum 5.1、5.5 への接続について、※1の注釈を追加しました。
2020/07/03 ・Dr.Sum Connect 5.1.00.0060のリリースに伴い、Dr.Sum、Datalizer、DataLoader Ver.5.5 への対応状況を追加しました。
2020/06/01 ・Dr.Sum 5.5、DataLoader 5.5、Datalizer 5.5の対応状況を追加しました。
・MotionBoard 6.1の対応状況を追加しました。
2019/04/23 ・「MotionBoard → Datalizerリンクボード・リンクアイテム」にDatalizer 5.1が表示されない不備を修正しました。
2019/04/15 ・Dr.Sum Connect 5.1の対応状況を追加しました。
2019/03/15 ・Dr.Sum 5.1、DataLoader 5.1、TextOLAP 5.1、Datalizer 5.1の対応状況を追加しました。
2019/02/28 ・MotionBoard と SPA(データソース) 連携の対応状況を追加しました。
2018/12/06 ・MotionBoard 6.0の対応状況を追加しました。
2018/02/28 ・Connect 5.0のリリースに伴い、対応状況を公開しました。 
2018/01/16 ・Dr.Sum EA One と組み合わせて利用できない製品について、注釈を追加しました。
2017/10/31 ・Dr.Sum EA Connect パッチ0008リリースに伴い、DrSum 5.0、Datalizer 5.0、DataLoader 5.0 への対応状況を変更しました。
2017/10/05 ・Dr.Sum 5.0、DataLoader 5.0、TextOLAP 5.0、Datalizer 5.0の対応状況を追加しました。
2017/05/17 ・MotionBoard 5.7の対応状況を追加しました。
2016/07/04 ・MotionBoard 5.5とDr.Sum EA 4.2、MotionBoard 5.5とDatalizer 4.2の組み合わせについて、対応状況を更新しました。
2016/06/22 ・Connect 4.1とDr.Sum EA 4.2、Connect 4.1 とDatalizer 4.2、Connect 4.1とDataLoader 4.2の組み合わせについて、対応状況を更新しました。
2016/05/16 ・MotionBoard 5.6の対応状況を追加しました。
・MotionBoard 5.5 と TextOLAP 4.2 の組み合わせについて、ビルドバージョンの注記を追加しました。
・Connect 4.1とDatalizer 4.1の組み合わせについて、制限事項の注記を追加しました。
2016/04/21 ・Dr.Sum EA 4.2、DataLoader 4.2、TextOLAP 4.2、Datalizer 4.2の対応状況を追加しました。
2016/01/07 ・DatalizerのSVF連携について、記載誤りのため組合せ対象製品からUniversal Connect/Xを削除しました。