クラウドサービスにおけるWindows 10サポートポリシー

製品ブランド:

SVF Cloud

MotionBoard Cloud

VyNDEX

SPA Cloud

Dr.Sum Cloud

invoiceAgent

公開日時:

2018/05/24 16:17

更新日時:

2019/06/24 10:22

記事番号:

000015804

クラウドサービスにおけるWindows 10のサービスモデル(Windows as a Service)の対応方針は以下のとおりです。

(1)対応方針

半期チャネルの公開後、弊社対象サービスの動作確認を行い、問題がない場合には対象サービスの動作環境ページにWindows 10の最新バージョンを追記します。
対象サービスの改修が必要な場合には、弊社コンテンツの「クラウドサービスに関するお知らせ」にて公開いたします。

サービスモデル MotionBoard Cloud・SVF Cloud・VyNDEX・SPA Cloud
半期チャネル/Semi-Annual Channel
(旧 Current Branch for Business(CBB))
公開から3か月後を目安に対応します。
(制限付きでの対応となる場合は、制限事項と回避策をご案内します)
長期サービス チャネル(LTSC)/Long-Term Servicing Channel
(旧 Long-Team Servicing Branch(LTSB))
対応します。


※ 弊社製品がWindows 10の新しいバージョンに対応する前に更新プログラムが適用された場合、予期せぬ問題が発生する可能性があります。
  このため、Windowsの更新プログラムの適用を120日以上、延期する設定をしてください。
  延期の設定方法は、マイクロソフト社にご確認ください。

 

(2)対象となるバージョンおよび条件

・クライアントツールの最新バージョン
・ Windows 10で利用するミドルウェア(Javaや.NET Framework、ブラウザーが含まれますがこれに限りません)が製造元のサポート(限定延長を含む)対象であること

 

(3)サポートサービス提供の対象外事項

以下のいずれかに該当する場合、サポートサービスの対象外となります。このため、弊社の裁量によりサポートサービスの提供を一部制限させていただく場合があります。
    ・ Windows 10メジャーアップデートに対応した弊社サービス、対策パッチをご利用いただいていない場合
    ・ マイクロソフト社によるメインストリームサポートが終了している長期サービスチャネル(LTSC)バージョンをご利用いただいている場合

変更履歴
日付 概要
2019/06/24 「(1)対応方針」の以下を変更しました。
  • 「半期チャネル(ターゲット)」を削除しました。
  • 「半期チャネル」の対応方針を以下から「半期チャネル(ターゲット)公開から5営業日以内に対応、もしくは対応時期を表明」から「半期チャネルの公開から3か月後を目安に対応」に変更しました。
「(2)対象となるバージョンおよび条件」について、ミドルウェアが製造元でサポートされた環境でサービスを利用する意味の文章に修正しました。