iOS/iPadOSにおける動作環境ポリシーの公開と除外するバージョンについて

製品ブランド:

SVF Cloud

invoiceAgent(クラウド版)

TransPrint

公開日時:

2022/05/12 10:00

更新日時:

2022/05/12 10:00

記事番号:

000022718

対象のクラウドサービスにおいて、iOS/iPadOSに関する動作環境ポリシーを公開いたします。これに伴い動作環境から除外するiOS/iPadOSのバージョンと対応日につきましてもお知らせいたします。以下をご確認の上、該当のお客様は、対応日までにiOS/iPadOSのバージョンアップをお願いいたします。

対象サービス

  • SVF Cloud
  • SPA Cloud
  • invoiceAgent

内容

iOS/iPadOSの動作環境ポリシーの公開について

対象サービスのiOS/iPadOSは、当社にて追加した最新バージョンおよびその一つ前のバージョンの2メジャーバージョンを基本サポートとするポリシーを公開いたします。ポリシーの適用開始日とクラウドサービス動作環境ポリシーの変更内容は以下のとおりです。

適用開始日

2022年5月19日(木)

クラウドサービス動作環境ポリシーの変更箇所

クラウドサービス動作環境ポリシーの方針に以下の記載を追加します。

2.【SVF Cloud・SPA Cloud・invoiceAgent対象】iOS/iPadOSに対するポリシー
当社が検証完了した最新バージョンと1つ前のバージョンの2メジャーバージョンをサポートします。
3つ前のバージョンは、最新バージョンの公開日に除外日(基本3ヶ月後)の情報を「クラウドサービスに関するお知らせ」にて公開し、除外日をもって「動作環境」から除外します。

 

動作環境の変更および対応日

iOS/iPadOSのポリシー公開にともない、対応日に動作環境を以下のとおり変更します。

対応日

2022年6月17日(金)

各サービスの動作環境の変更点

  • SVF Cloudの動作環境
    • SVF Cloud for Salesforceを利用するモバイル環境のOSより、「iOS13」「iPad OS13」をそれぞれ削除。
    • SVF Cloud for Salesforceを利用するモバイル環境はSalesforce モバイルアプリケーションに依存をすることから、以下の記載を追記。
      「※Salesforce モバイルアプリケーションの動作環境に依存します。このため、Salesforceでのサポート終了に準拠し、Salesforce非対応となった場合には変更履歴に記載の上予告なく除外いたします。」
  • SPA Cloudの動作環境
    • SPA Tabletアプリケーションを利用するタブレット環境のOSについて、「iOS 15,14」「iPad OS 15,14」の記載に変更。
    • SPA Mobileを利用するモバイル環境のOSについて、「iOS 15,14」「iPad OS 15,14」のバージョン明記の記載に変更。
  • invoiceAgentの動作環境
    • WingSignのモバイルアプリケーション環境のOSについて、「iOS 15,14」のバージョン明記の記載に変更。

 

お問い合わせ先

各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。
入力フォーム「お問い合わせ概要」に「(000022718)iOS/iPadOSにおける動作環境ポリシーの公開と除外するバージョンについて」と入力してください。