Salesforceの多要素認証(MFA)の必須化に伴うSVF Cloudへの影響について

製品ブランド:

SVF Cloud

公開日時:

2021/09/16 10:00

更新日時:

2021/09/16 10:00

記事番号:

000021922

Salesforce社は 2022年2月1日より、Salesforce 製品 へのアクセスに多要素認証(MFA)の使用を必須条件とすることを決定した旨を発表しています。

MFAの必須化については、Salesforceから公開されている各種情報をご確認ください。

参考:

多要素認証 (MFA) への対応のお願い
Salesforce 多要素認証に関する FAQ
多要素認証(MFA)施行ロードマップ

対象サービス

  • SVF Cloud
    • SVF Cloud for Salesforce

内容

対象サービスの機能に対し影響するMFA有効化設定と、事象や回避方法は以下のとおりです。

プレビュー画面(プレビュー画面の認証方式を「OAuth」へ変更している場合のみ)

  • 影響するMFA有効化設定:
    • ユーザプロファイルの [セッション設定] にて [ログインに必要なセッションセキュリティレベル] を「高保証」にする
       
  • 事象:出力帳票のプレビューができなくなります。
     
  • 回避方法:「影響するMFA有効化設定」ではなく、以下のいずれかの設定でMFAの有効化をしてください。

(1) Salesforceのユーザ権限にて直接のユーザログイン時のみMFAを有効化する設定を行います。

プロファイルまたは権限セットにて「ユーザインターフェースログインの多要素認証」にチェックを入れ、MFAの有効化設定をします。
参考:直接ユーザログインのMFAの有効化

(2) SVF Cloudのプレビュー画面の認証方式を「署名付き要求認証(デフォルト)」に戻します。

<マニュアル>
SVF Cloudのコンテンツポータル 
-[SVF Cloud 管理ガイド]
-[やりたいことから探す]-[Internet Explorerでプレビュー画面が表示されない現象を解消したい]

プロシージャー

  • 影響するMFA有効化設定:
    • プロシージャーのユーザプロファイルの [セッション設定] にて [ログインに必要なセッションセキュリティレベル] を「高保証」にする
       
  • 事象:プロシージャーを利用した帳票出力ができなくなります。
  • 回避方法:プロシージャーの実行ユーザに対し「影響するMFA有効化設定」ではなく、Salesforceのユーザ権限にて直接のユーザログイン時のみMFAを有効化する設定を行います。
    プロファイルまたは権限セットにて「ユーザインターフェースログインの多要素認証」にチェックを入れ、MFAの有効化設定をします。
    参考:直接ユーザログインのMFAの有効化
    なお、プロシージャーの実行ユーザについては、以下のマニュアルをご確認ください。
    SVF Cloudのコンテンツポータル 
    -[SVF Cloud 管理ガイド]
    -[SVF Cloud for Salesforce開発ガイド]
    -[1.テナントの設定]-[SVF Cloud Managerで接続アプリケーションを登録]

Excel/Word Designerアドイン

  • 影響するMFA有効化設定:
    1. Salesforceのユーザ権限での「API ログインの多要素認証」のチェックをオンにする
    2. ユーザプロファイルの [セッション設定] にて [ログインに必要なセッションセキュリティレベル] を「高保証」にする
       
  • 事象:Excel/WordアドインからSalesforceへログインできなくなります。
     
  • 回避方法:「影響するMFA有効化設定」ごとの回避策を以下のとおり記載します。
    • MFA有効化設定 1:MFA認証として認められている手段で得たワンタイムパスワード利用する。
      Salesforce Authenticatorまたはサードパーティの TOTP 認証アプリケーションより発行されるワンタイムパスワードをセキュリティトークンに入力してログインします。
      Excel/WordAddin
       
    • MFA有効化設定 2:以下のいずれかの設定に変更します。
      • 「MFA有効化設定 2」ではなく、Salesforceのユーザ権限にてMFAの有効化を直接のユーザログイン時のみに設定します。
        プロファイルまたは権限セットにて「ユーザインターフェースログインの多要素認証」にチェックを入れ、MFAの有効化設定をします。
        参考:直接ユーザログインのMFAの有効化
      • 「MFA有効化設定1」を併せて設定し、ワンタイムパスワードを利用します。Salesforce Authenticatorまたはサードパーティの TOTP 認証アプリケーションより発行されるワンタイムパスワードをセキュリティトークンに入力してログインします。
        Excel/WordAddin

 

    お問い合わせ先

    各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。
    入力フォーム「お問い合わせ概要」に「(000021922)Salesforceの多要素認証(MFA)の必須化に伴うSVF Cloudへの影響について」と入力してください。

     

    更新履歴

    日付

    概要

    2021/09/16

    公開

    2021/10/12

    Salesfoece社の参考情報に「多要素認証(MFA)施行ロードマップ」を追加しました。