Adobe Flash Player の脆弱性対策について(CVE-2020-9633)

製品ブランド:

SVF

Dr.Sum

MotionBoard

公開日時:

2020/06/11 17:00

更新日時:

2020/06/11 17:00

記事番号:

000016610

対象製品

製品ブランド

対象製品

バージョン

SVF

SVF Web Designer

9.2

Dr.Sum EA/Dr.Sum

Dr.Sum EA TextOLAP

4.0 ~ 4.2

Dr.Sum TextOLAP

5.0~5.1

Dr.Sum EA Visualizer

3.0、3.0 SP1

Dr.Sum EA Datalizer MotionChart

4.0 ~ 4.2

Dr.Sum Datalizer MotionChart

5.0~5.1

MotionBoard

MotionBoard

4.1 ~ 6.0

 

内容

アドビシステムズ社から Adobe Flash Player に関する脆弱性の情報(APSB20-30)が公開されました。
「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスがされているため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

対応方法

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)より情報が開示されております。
ご確認のうえ、対応のご検討をお願いいたします。

 参考(外部サイト):
 ・Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB20-30)(CVE-2020-9633)

SVF製品の対応方法
 SVF Web Designer Clientを使用することで、Adobe Flash Playerを利用せずにSVF Web Designerサーバーに接続して、
 帳票設計や管理作業を行うことができます。
 SVF Web Designer Clientのダウンロード方法やインストール方法に関しては、SVF Web Designerのマニュアルをご参照ください。
 なお、Ver.10はAdobe Flash Playerを使用しSVF Web Designerサーバーに接続する方法を廃止し、SVF Web Designer Clientの接続方式に変更しています。

MotionBoard製品の対応方法
 MotionBoard Ver. 6.0 ではHTML5版([動作モード]で[HTML5]を選択)のご利用をご検討ください。
 また、MotionBoard Ver. 5.7 以前も含め、MotionBoard Clientを使用することで、Adobe Flash Playerを利用せずにMotionBoardを利用できます。
 MotionBoard Clientの入手方法やインストール方法に関しては、各バージョンのマニュアルをご参照ください。

お問い合わせ先

 [各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。
 入力フォーム「お問い合わせ概要」に「(000016610)Adobe Flash Player の脆弱性対策について(CVE-2020-9633)」と入力してください。

 

備考

 「OSS・セキュリティに関するお知らせ」に情報を公開する基準は、以下のFAQをご参照ください。
 サポートサイト「OSS・セキュリティに関するお知らせ」の公開基準について