Universal Connect/X動作設定のコードサイニング証明書にタイムスタンプが設定されていない件について

製品ブランド:

SVF

公開日時:

2016/06/13 10:00

更新日時:

2016/06/13 10:00

記事番号:

000008680

対象製品

Universal Connect/X Ver.8.2 Service Pack3、 Service Pack4

Universal Connect/X Ver.9.1 Service Pack3、Service Pack4

内容(詳細内容)

SVF では、Ver.8.2 およびVer.9.1のService Pack(以下、SP)3以降、コードサイニング証明書を付与しました。

しかし、Universal Connect/X Ver.8.2 およびVer.9.1のSP3とSP4は、タイムスタンプが設定されていないコードサイニング証明書を付与しているため、以下の証明書の有効期限を超過すると、Universal Connect/X動作設定アプレットが起動できなくなる場合があることを確認いたしました。

Universal Connect/X Ver.8.2/Ver.9.1
SP 有効期限
SP3 2014/09/28
SP4 2017/03/18

 

該当製品をご使用のお客様は、下記の事象内容および対応方法をご確認ください。
なお、ご不明点などございましたら、「お問い合わせ先」からお問い合わせください。

 

発生条件

証明書の有効期限が超過した後に、以下のUniversal Connect/X動作設定アプレットをOracle Java 1.7.0_55以降で起動した場合

  • Universal Connect/X Ver.8.2 SP3もしくはSP4
  • Universal Connect/X Ver.9.1 SP3もしくはSP4

※対象のUniversal Connect/Xのビルドは、こちらの「パッチの適用対象環境」を確認してください。

 

障害内容

証明書の有効期限を超過すると、以下のメッセージ画面が表示され、Universal Connect/X動作設定アプレットが起動できなくなります。

error_1

 

原因

タイムスタンプが設定されていないコードサイニング証明書は署名した日時が 保証されないため有効期限が切れると署名が無効になります。

このため、ホワイトリストに登録しない限り、アプリケーションを起動することができません。

ホワイトリストの登録方法は以下のFAQの<回避方法>をご参照ください。

Oracle Java1.7.0_21以降において「JavaのUpdateが必要」画面が表示され、アプレット画面が表示できません。

タイムスタンプが設定されているコードサイニング証明書は、署名した日時が証明書の有効期限内であることが保証されるため、有効期限後もアプリケーションが起動できます。

 

※以下の場合には、確認画面「このアプリケーションを実行しますか。」が表示されます。[実行]をクリックすることで、Universal Connect/X動作設定アプレットの起動が可能です。

  • Oracle Java 1.7.0_51以前でUniveral Connect/X動作設定アプレットを起動した場合
  • 有効期限内にOracle Java 1.7.0_55以降でUniversal Connect/X動作設定アプレットを起動した場合

error_2error_3

 

※以下はタイムスタンプが設定されているコードサイニング証明書を付与しているため、問題ありません。

  •  SVF Java Product環境設定 Ver.8.2 SP3以降、Ver.9.1 SP3以降、Ver.9.2
  •  Report Director Enterprise環境設定 Ver.8.2 SP3以降、Ver.9.1 SP3以降、Ver.9.2
  •  Report Director Enterpriseユーティリティ Ver.8.2 SP3以降、Ver.9.1 SP3以降、Ver.9.2
  •  Universal Connect/X動作設定 Ver.8.2 SP5以降、Ver.9.2

 

対応方法

Universal Connect/X Ver.8.2 およびVer.9.1のSP3とSP4の環境に対し、タイムスタンプを設定しているコードサイニング証明書付のパッチを提供いたします。

こちらよりパッチを入手・適用いただくか、もしくは、Ver.8.2 の場合には、SP5以降を適用いただくかのいずれかの対応をお願いいたします。

備考

2016年6月13日(月)公開

お問い合わせ先

各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。

入力フォーム「件名」に「Universal Connect/X動作設定のコードサイニング証明書にタイムスタンプが設定されていない件について」と入力してください。