プロジェクトの進め方

 MotionBoardの導入にあたり、推進担当を決めることで、円滑にプロジェクトを進めていくことができます。 
推進担当はMotionBoardの構築を担当するのではなく、MotionBoardを社内に浸透させていくことがミッションです。

推進担当は現場から上がってくる課題に対して、どのようなものを構築していくべきか、全体の方針を定めてプロジェクトをリードしましょう。

ここでは、手戻りなくプロジェクトを進めていくための”タスクリスト”や”サクセスポイント”についてご紹介します。
 

★Success Point★
MotionBoardの進め方で悩んだら、担当のカスタマーサクセスマネージャーに相談しよう!
活用に向けてしっかりサポートします!
担当のカスタマーサクセスマネージャーが分からない場合、担当営業までお問い合わせください。

 

目次

  1. タスクリスト

  2. サクセスポイント

 

 

1.タスクリスト


構築を担当する人、推進を担当する人の役割を分担すると下図のようになります。
 

タスクリスト

 

 

2.サクセスポイント


タスクリストを進めるうえで、躓きやすいポイントとその乗り越え方をまとめました。
 

タイミング 何に躓き どう乗り越えるのか
Kickoff

・どのようなチームで推進すればよいかわからない

💡推進体制とそれぞれの役割をご参照ください
・ダッシュボードの完成イメージがわかない 💡ダッシュボードのイメージの書き方をご参照ください
STEP1 ・データに関する知識がない
・データの運用方法が分からない
💡Tipsの「取り込みデータの作成と運用方法」メニューをご参照ください
STEP2

・グラフや表の作り方が分からない
・設定が見つからない
・エラーが表示されてどうしたらいいのかが分からない

💡ダッシュボードの基本内容については
 Tipsの「ダッシュボードの作成」メニューをご参照ください
💡お問い合わせ窓口を利用して課題を解決しましょう!
💡より効率よくボード実装するための自習室サービス(無償) もあります

STEP3 ・リリース手順がわからない
・マニュアルに何を書いたら良いのかわからない
💡リリースの流れやポイントをご参照ください