Bridgeサービスの振り分けで存在しないフォルダーパスへの振り分けをエラーとすることはできますか?

製品ブランド:

invoiceAgent(オンプレ版)/SPA

invoiceAgent(クラウド版)

TransPrint

製品名: SPA , SPA Bridge Service , SPA 文書管理 , SPA AI OCR , invoiceAgent 文書管理 , invoiceAgent , invoiceAgent AI OCR , invoiceAgent Bridge Service , invoiceAgent 文書管理 , invoiceAgent AI OCR , invoiceAgent Bridge Service , invoiceAgent TransPrint
バージョン: オンプレミス 9.3 , 10

公開日時:

2022/09/22 11:05

更新日時:

2022/09/22 11:05

記事番号:

000022811

OCRで読み取った値をパスに指定している場合、読み取った値によっては意図しないフォルダーパスへ振り分けられてしまうことがあります。

あらかじめ振り分け先のフォルダーパスを作成し、Loaderのアーカイブ実行ユーザーにフォルダー作成の権限を与えないことにより、作成済みのフォルダー以外へ振り分け時にエラーとすることができます。

 

<設定例>
1.
管理画面の設定カテゴリ[文書定義の設定]-[Loader設定]を選択してLoader設定画面を表示し、Loader設定画面の右上のメニューから[設定]を選択します。
[invoiceAgent]タブ(旧[SPA]タブ)で、該当のサーバー名を選択すると、画面下部に「接続設定」が表示されます。
こちらに表示されるユーザーがBridgeサービスを使用してアーカイブするアーカイブ実行ユーザーです。

 

2.
1のユーザーがフォルダーを作成しないよう権限を設定します。
新規でロールを作成し、以下の設定をします。
フォルダーの作成:拒否

 

3.
2で作成したロールを持つグループを作成し、1のユーザーがグループに所属するよう設定します。


<注意事項>
1.
アーカイブ実行ユーザーに「ADMIN」ロールが適用されている場合、「フォルダーの作成:拒否」と設定していても「ADMIN」ロールの権限が優先され「フォルダーの作成:許可」となってしまいます。
上記の場合、所属グループを「AdminGroup」から「PowerUserGroup」などに変更してください。

 

(マニュアル)
オンプレミス版 マニュアル(https://cs.wingarc.com/ja/manual?brand=ia_o)
 『製品ガイド』-「最初に設定すること」-「ユーザーと操作権限の設定」-「ロール」

 

クラウド版マニュアル(https://help.spa-cloud.com/ja/)

 『製品ガイド』-「最初に設定すること」-「ユーザーと操作権限の設定」-「ロール」

 

2.
「PowerUserGroup」をご利用の場合、「フォルダーへのフルアクセス」の権限が
必要となります。
上記権限を「許可」とし、設定してください。

回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約