SVF EA Connect/SPA ETL Optionで使用しているポートについて教えてください。

製品ブランド:

SPA

SVF

製品名: SPA ETL Option , SVF EA Connect
バージョン: 9.3 , 10

公開日時:

2018/08/31 10:00

更新日時:

2020/11/02 11:30

記事番号:

000015939


SVF EA Connect/SPA ETL Optionは、デフォルトでは以下のTCPポートを使用して通信をおこないます。
ファイアウォールで開放する必要があるポート、不要なポートについては「要/不要」欄をご確認ください。

◎ = 開放が必要
○ = 必要に応じて開放

ポートを使用するアプリケーション ポート 要/
不要
備考
DataSpiderServer 7700  
動的 RMI通信用のポート
DataSpider Studio 動的 RMI通信用のポート

 

【参考情報: RMI通信用のポートについて】

SVF EA Connect/SPA ETL Optionでは、インストール時に「DataspiderServer情報の設定」で指定した HTTP 通信用の IP アドレスとポート(標準では7700) のほかに、RMI 通信のためのIP アドレスとポートを動的に使用します。
RMI 通信が正しくおこなえない場合、次のような事象が発生することがあります。

  • DataSpider Studioのログイン画面の表示に時間がかかる
  • 正しいアカウント情報を入力しても、DataSpider Studioにログインできない
  • マイプロジェクトの表示に時間がかかる
  • スクリプトをデバッグ実行すると、実行ログが出力されず、処理が進んでいないように見える

上記の事象が発生する場合は、以下のように RMI 通信のアドレスとポートを明示的に設定してください。
 

≪設定方法≫
文中の「$DATASPIDER_HOME」は、SPA ETL Option をインストールしたディレクトリを表します。
 

(A)DataSpiderServer をインストールしたコンピューターで、次の設定を行います。
   

  • 設定ファイル
    $DATASPIDER_HOME/server/conf/system.properties
  • 設定箇所
    java.rmi.server.hostname=DataSpiderServer をインストールしたコンピューターの IP アドレス
    ds.rmi.port=RMI 通信のポート番号

 

設定例)
java.rmi.server.hostname=192.168.0.1
ds.rmi.port=7701
    ※設定前に、DataspiderServer のサービスを停止してください。
※いずれの行も先頭に「#」が存在し、コメントアウトされています。「#」を削除し、コメントアウトを解除してください。


(B)DataspiderStudioを使用するコンピューターで、次の設定を行います。
   

  • 設定ファイル
    $DATASPIDER_HOME/client/conf/system.properties
  • 設定箇所
    java.rmi.server.hostname=DataSpider Studio クライアントの IP アドレス
    ds.rmi.port=RMI 通信のポート番号

 

設定例)
java.rmi.server.hostname=192.168.0.2
ds.rmi.port=7701
    設定前は DataSpider Studio を終了してください。
※いずれの行も先頭に「#」が存在し、コメントアウトされています。「#」を削除し、コメントアウトを解除してください。
※DataSpiderServer をインストールしたコンピューター上でDataspider Studio を利用する場合、「A」と「B」双方の設定をおこなう必要があります。その場合、(A)と(B)で異なるポートを指定してください。


 (C)ネットワーク機器等により、ポートフィルタリングを行っている場合、インストール時に「DataSpiderServer情報の設定」で指定した HTTP 通信用のポートと、上記の(A)と(B)で設定したポートの通信が行えるように設定してください。
   

設定例)

DataspiderServer   Dataspider Studio
7700 ANY
7701(A) ANY
ANY 7702(B)

 

【対象バージョン】

■SVF EA Connect
 ・Ver. 9.3

■SPA ETL Option
 ・Ver. 10.0、Ver.10.2

回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約