SVF EA Connect/SPA ETL Optionで、ファイルパスにネットワークパスを指定する方法を教えてください。

製品ブランド:

SPA

SVF

製品名: SPA ETL Option , SVF EA Connect
バージョン: 9.3 , 10

公開日時:

2018/08/31 10:00

更新日時:

2020/11/02 11:20

記事番号:

000015924

SVF EA Connect、SPA ETL Optionで、入力先や出力先などのファイルパスにネットワークパスを指定する場合、ミラーアカウントの作成やサービス起動アカウントの変更、Universal Naming Convention(以降、UNC)表記法でのマウント設定を行う必要があります。
 

≪設定手順≫

  1. 接続先のコンピューターと DataSpiderServer をインストールしているサーバーの両方に、OS のミラーアカウント(ID、パスワードが双方のコンピューターで同一のアカウント)を作成します。
  2. 接続先のコンピューターで、マウント元のディレクトリを共有化し、手順「1」で作成した接続先のコンピューターのアカウントに、必要となる共有アクセス許可および NTFS アクセス許可を付与します。
  3. DataSpiderServerが起動している場合、サービスを停止します。
  4. DataSpiderServerのサービス起動アカウントを、手順「1」で作成したアカウントに変更します。
    (1)Windows の[管理ツール] より [サービス] を開きます。
    (2)対象サービスの右クリックメニューより、[プロパティ] を開きます。
    (3)[プロパティ] 画面の [ログオン] タブにて、[アカウント] に手順「1」で作成したアカウントを指定します。
  5. DataSpiderServer のサービスを起動します。
  6. Dataspider Studio を起動します。
  7. DataSpider Studio の [コントロールパネル] - [マウント設定] - [マウント元] に、UNC 表記法を用いて、接続先コンピューターのディレクトリ名を指定します。
    例:\\<コンピューター名>\<共有名>\XXXXXX... 

―補足情報―
Active Directory を使用している場合、同一ドメイン内に、接続先のコンピューターと DataSpiderServer をインストールしているサーバーが存在していれば、手順「1」のミラーアカウントの作成は不要です。
ミラーアカウントの代わりに、双方で共通して使用可能なドメインアカウントを、手順「4」で指定してください。

―参考情報―
◎マウント
 ヘルプの [開発ツール] - [コントロールパネル] - [マウント設定]

【対象バージョン】

・SVF EA Connect:Ver.9.3
・SPA ETLOption:Ver. 10.0、10.2

OS

Windows

回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約