データを折り返し出力する方法を教えてください

製品ブランド:

SVF Cloud

製品名: SVF Cloud Designer(旧:SVF Web Designer)
バージョン:

公開日時:

2018/02/07 15:42

更新日時:

2019/11/29 00:00

記事番号:

000015710

データの折り返し出力 (改行出力) を行う場合、以下の 2 通りの方法があります。

■ 方法A:「リンクフィールド」機能を利用する方法 

「リンクフィールド」機能にて、折り返し出力を実現する場合、折り返しを行うタイミングは2つあります。

 ・パターン1:フィールドの「印字桁数」より多い文字が渡り、フィールドに文字が収まらなくなったタイミング

 ・パターン2:改行コードなど、特定の文字のタイミング

複数行分のフィールドをあらかじめ並べて配置しておき、それぞれをリンクさせる(リンクフィールド)ことで、パターン1のタイミングで、折り返しが実現できます。
パターン2のタイミングでも、折り返す場合は、「デリミター」の設定が必要となります。
※ 「デリミター」の設定については、関連 ナレッジ「デリミターの設定手順」を参照ください。

 

 ≪手順例≫
 1.  横書きのフィールドを縦に3つ並べて配置します。
   仮に上から「Field1」「Field2」「Field3」とします。
 2.  「Field1」の [リンク先のフィールド名] に「Field2」を指定します。
   また、「Field2」の [リンク先のフィールド名] に「Field3」を指定します。

上記のように設定を行うことで、「Field1」に渡したデータの溢れた分を「Field2」、および「Field3」へ続けて出力させることが可能です。

 ≪特徴≫
 ・データが印字桁数を超えたタイミングや、デリミターに指定した文字のタイミングで、リンク先のフィールドに出力が遷移します。
 ・レコード上であれば1フィールドのみの配置で自動改行を行える「自動リンクフィールド」の機能も利用可能です。



■ 方法B:「テキストフレーム」アイテムを利用する方法 (グラフィックモード限定)

テキストフレームアイテムでは、領域内で折り返す形でデータを出力できます。
<SVF Cloud for Salesforceをご利用の場合>
※ テキストフレームアイテムに出力するSalesforce項目に改行が含まれる場合、関連 ナレッジ「改行が含まれる Salesforce 項目をテキストフレームに適用させたい」を 参照の元、改行コードの置換を実施ください。


 ≪手順例≫
 1.  テキストフレームアイテムを配置します。
 2.  テキストフレームに渡すデータを格納するためのフィールドを配置します。
    このフィールドの [印字桁数] または [データ桁数]には、データを格納するのに十分な桁数を指定してください。
    このフィールドの印字が不要な場合は印字領域外へ移動させてください。
 3.  「1.」のテキストフレームアイテムを選択し、[プロパティエディタ] - [文字列] のボタンをクリックします。
 4.  [文字列編集] 画面下の [フィールド] で「2.」のフィールドを選択し、[追加] を押下し、[OK] で確定します。

 ≪特徴≫
 ・データの出力がテキストフレームの範囲を超えたタイミングで改行するため、文字サイズやフォントによって改行のタイミングが変わります。
 ・禁則処理や文字装飾が可能です。

回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約