SVF for Web/Clinetにおけるエンタープライズモードおよび互換表示設定利用時の制限事項について

製品ブランド:

SVF

製品名: SVF for Web/Client
バージョン:

公開日時:

2016/05/21 02:36

更新日時:

2016/07/16 02:43

記事番号:

000004692

<条件>
「SVF for Web/Clinet」(以後WebClinet)から下記条件にあてはまる印刷を行っている場合に
InternetExplorer(以後IE)11のエンタープライズモード(IE7およびIE8)ないしは互換表示設定
を利用されますと印刷に失敗する場合があります。

○WebClinet Ver9.2、Ver8.2.2を利用している場合の条件
・OBJECTタグを利用せず、Content-Typeを利用している。
・「SVF for Web/Clinet」参照する印刷データの拡張子が「SVF for Web/Clinet」の
インストール時に登録される以外の拡張子を指定している場合(※1)(※2)

○WebClinet Ver9.1、Ver9.0を利用している場合の条件
・OBJECTタグを利用せず、Content-Typeを利用している。
・「SVF for Web/Clinet」参照する印刷データの拡張子に任意の拡張子を指定している場合(※2)

<制限内容>
エンタープライズモード(IE7およびIE8)ないしは互換表示設定を利用し、かつ、Content-Type
を利用した印刷は下記の制限とさせていただきます。

○SVF for Web/Clinet Ver9.2、Ver8.2.2を利用している場合
Content-Typeに指定するMIMEタイプと印刷データの拡張子は一致するものを指定してください。

○SVF for Web/Clinet Ver9.1、Ver9.0を利用している場合
Content-Typeを利用した印刷はサポートされません。
OBJECTタグを利用した印刷へ変更してください。

<備考>
印刷に失敗する原因ですが、IE7およびIE8においてContent-Typeではなく、ファイルの拡張子を
優先し処理を行う挙動となっており、この挙動はエンタープライズモードにてIE8(IE7)互換モードを
利用した場合や、互換表示設定(IE7互換)を利用した場合でも同様の挙動となります。

参照する印刷データの拡張子により、WebClinetのファイルではないと判定されてしまい、
IE内でイベントが発生せず、ActiveXが動作しないために印刷が行われなくなります。

※1
例としてContent-Typeに「application/x-web-direct-print」指定していた場合に、印刷データの
拡張子が「*.svfwdp」(oldExt版では*.wdp)以外を利用されている場合などが該当します。

※2
WebサーバーにてMIMEタイプと任意の拡張子を紐づけている場合が該当します。
例として「application/x-web-direct-print」と拡張子「.emf」を紐づけているなどが該当します。
回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約