使い始める前の設定

文書のデータ化を開始する前に、invoiceAgent文書管理の初期設定を行いましょう。
オンプレミス版をご導入のお客様は、事前に製品をインストールしてください。

 

 

1. ログインしてパスワードを変更します

まず、初期パスワードを変更しましょう。

オンプレミス版の方 http(s)://<サーバー名>:44230/spa/
クラウド版の方 https://<テナント名>.spa-cloud.com/spa/

 


ログインに関するトラブルはこちら

 

 

 

2. サーバー環境設定を表示します

invoiceAgent文書管理では、各種管理者設定を[サーバー環境の設定]で行います。
動画を見ながら、設定画面が表示できるか確認しましょう。

 

 

 

 

3. OCR利用許諾を承諾します

OCRを利用するには、利用許諾に同意する必要があります。
OCR利用許諾に同意してください。

※ Tegaki、DEEP READ、帳票特化「請求書」、クラウド上のサーバーサイドOCRは、DataCapture画像数が必要です。

 

【トライアル時のOCR機能について】
invoiceAgent のOCR機能をご使用の際は、OCR処理画像(フィールド)数の目安を30,000画像としてください。
また、帳票特化「請求書」をご使用の際は50枚までとしてください。
上記数量を大幅に超えるご使用につきましては、弊社担当営業までご相談いただけますようお願いいたします。
事前の承諾なく、上記数量を大幅に超えるご使用の場合は、予告なく使用の停止をさせていただく場合がございます。

 

 

 

4. 通信する「invoiceAgent文書管理」サーバーを登録します

invoiceAgent文書管理に文書を自動アーカイブするときの実行ユーザーとアーカイブ先を設定します。
 

 

 

 

5. Windows端末上のフォルダーとinvoiceAgentをつなぎます

Windows端末上のフォルダーからinvoiceAgentに文書をアーカイブするには、Windows端末上にBridgeサービスをインストールします。
invoiceAgent文書管理にログインして文書をアーカイブする場合は、この設定は必要ではありません。
※ オンプレミス版では、Linuxにも対応しています。

 

  1. Brigeサービスを登録してインストーラーをダウンロードします。

     



     
  2. Bridgeサービスのインストールと関連モジュールをインストールします。
    インストール方法は、こちらを参照してください。

・Bridgeサービスをインストールする

・OCRのModel Dataをセットアップする

・Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable Update 3をインストールする

・Bridgeサービスを起動する

 

Bridgeサービスのインストールに関するトラブルはこちら