文書のデータ化を体験する

文書のデータ化でできることは分かりましたか?

それでは、実際に文書のデータ化を試してみましょう。

ここではフォーマットの決まった「請求書」をinvoiceAgent文書管理にアップロードすると、OCRを使ってデータ化されるまでの流れを確認できます。

 ※ クラウド版をご利用の場合はDataCapture画像数を使用します。


OCR処理イメージ

 

データ化する文書

試す文書はこちらの請求書です。赤色で囲んだ項目をOCRでデータ化しましょう。
文字コードを持つPDFファイルなので、OCRエンジンには「ABBYY」を利用します。

請求書のサンプルをダウンロード

請求書_ウイング商事_OCR箇所

 

体験してみよう

サンプルの文書を使い、ご利用中のinvocieAgent文書管理 で文書のデータ化を試しましょう。

クラウド版をご利用の方は、ヘルプナビであなたの画面上に操作ガイドを表示できます。
 ヘルプナビでガイドを再生する場合はこちらをクリック

 

■ 管理者による事前設定

STEP1

文書定義を新規作成する

STEP2

OCRフィールドを作成する

STEP3

処理定義を作成する
(Distributor方式)

STEP4

監視フォルダーを作成する
(Distributor方式)

 

■ ユーザーの利用方法

STEP1

監視フォルダーにファイルを手動アーカイブする
(Distributor方式)

STEP2

OCR認識結果を確認する

 

請求書のデータ化はできましたか?

基本操作が試せたら、次はあなたの業務に合わせて考えていきましょう。